Hello hello hallo

私の眼の前にしか世界は存在しない

星空は好きですか

CanonのS120

星空がそれはそれは綺麗にとれる優れもの

星空ってiphoneでもデジカメでも綺麗に撮れないから

この目に焼き付けなきゃいけないと思っていたけど

このS120 ならびっくりするくらい、それはそれは肉眼でみえない星までみえてしまう。

一眼レフじゃなきゃ綺麗にうつらないとおもっているあなた、

是非お試しください。

 

星が綺麗なところがすきです

東京でも星はみえるよ

小笠原諸島って、最低6日ないと行けないんだって。

 

一回仕事をやめたら、小笠原諸島にいって、奄美大島にも行って、

あと北欧とアメリカにもいって、それから再就職したいな

 

はは

 

 

最近読んだ本の話

「怒り」がめっちゃ面白かった

上下の本って大体中だるみして伏線回収しないで終わるのが多いイメージだったから

最後までハラハラしたし、涙でた

 

 

9月1日におもうこと

学校なんて行かなくてもいいよと、

昨晩からあちこちで見かけるね

どうやら夏休みの9月1日は死んでしまう子供が多いらしい。

 

私も中学生の時、仲良かった友達との喧嘩が原因で傷つく出来事がたくさんあったから、つい死んでしまおうと思ってしまう子の気持ちがよくわかる

いじめぐらいで死ぬなと、いじめられたことのない人やメンタルの強い人はいうけれど、中学生にとっていじめや噂、居場所がなくなることっていうのは死活問題であって、失ったら生き方がわからなくなってしまうような細くてもろい空間なんだよ

大人になったら3年なんて光の速さで通り過ぎていくけれど、あのころの3年は途方にくれるほどながく、適当にこなして通り過ぎてくれるほど優しい時間ではない

我慢できないならしぬしかないと、そう思ってしまって無理もない

学校は一本の道しかおしえてくれない。

我慢することが全てであり、我慢できない人、頑張れない人は頑張ってください、とにかくあなたが頑張ってください、問題を解決してください、乗り越えてくださいということを繰り替えし繰り返しすりこまれていく

これがのちに会社員を生む

会社員も同じ。やめたい、でもやめたらいけない。辛いけど自分が悪い、乗り越えられない自分が悪い。やめたら自分には何も残らない、しぬしかない・・

そんな風に、そんな考えをもつように育てられてると思う(個人の意見ですよ)

 

いじめをこっちの努力やなんやらかんやらでみんな仲良しハッピーエンドに持っていける人なんてごくごくごく一部だし、珍しいからドラマ化する

無理に頑張って近づく必要なんてない、

 

辛いなら

逃げてしまえばいい

逃げることは悪いことでも恥ずべきことでもなんでもない

生きるために場所をかえることは知恵である

 

いじめにあってもう人生絶望のどん底、

頑張れとしかいってくれない両親

そんな私がとった生きる知恵は、転校でした。

 

今思えば、あの頃の自分の生命力は結構すごかったと思う。

もう死んでしまおうと思ったけど、やっぱり勉強したかったし

世界をもっとみたかったから、隣の学区の中学に転校した。

あっさり転校できたと思ってたけど、お母さんが色々手続きしてくれてたんだろうな。

 

あの頃は音楽に助けられた。

東京事変の落日ばっかり聴いてた

なんかわかんないけど、すごく染みてた

あとBUMPも。今も大好きだけど。

前の中学の登校最終日の帰り道は一生忘れないね。

すごいすがすがしかったわ。

自由だ!新しい人生生きてやる!って思ってた。

落日聴きながら帰ったなあ。懐かしい。

あの選択は本当に正しかった。

人生で初めての選択だったと思う。

 

人には向いてる場所があると思う。

人生はその場所に向かっていくための物語でしょう。

間違った場所に行ってしまったら、変えていいと思うんだ。

生きていればいいんだよ。

夢や目標なんてなくてもいいんだよ

ただ生きていれば、それでいいんだ。

これを読んでる人も、今生きている。

 

日本は逃げを悪としすぎ。

逃げるって言葉をネガティブワードにしすぎ。

どんどん逃げて、逃げて逃げてたどり着けばいいんだよ。

生きがいのないわたしたち

はろー

今日は上司がいなかったから楽しい一日でした。

うちの会社は9時5時半で、大体6時前に帰れるし、残業したら残業代でるし、家賃補助あるしボーナスもあるし中小だけどかなりホワイトだと思う

 

だがやめたい。

これは私があまっちょろいせいなのかい。

こんな待遇でも、仕事を楽しいっておもわないし。

上司はパワハラ気質で私じゃない人へのあたりがかなりきつい

やりがいを感じない仕事ってする意味あるのかい

給料をもらうために働いているんだ、遊んでいるんじゃないんだお

という人がいるけど、この会社でなりたいものもないしな

なりたいと思う人もいない

 

それならなりたいものになれる仕事している人の方が今辛くても幸せだと思う

だって週5日も働いて、命を削っているんだよ

それなのに給料のためだ、とそれだけでいいのかしら

結局最後に核となるのは感情なんじゃないのかい

幸せとかやりがいとか、そっちの方が幸せなんじゃないの

 

映画の仕事したいわ。なんでもいいから、スクリーンに携わりたい。

それは現場か、編集か、宣伝か、劇場か。

好きなものに1㎜でもいいから携わっている人は幸せだ。

もっと色々経験する場があればいいのにね。

それがインターンか。

 

 

ちゃお

君の名は。をみて思うこと

六本木の映画館にて、みてきましたよ 君の名は。

 

この映画の公開を楽しみに待っていました!

映画館の予告編でみてから、わっ!と明るい音楽と映像に引きつけられまして。

これは映画館でみたい!と思った次第です。

 

3日前にオンラインでチケットをとったわけだけど、本日行ったら一番前の列も埋まるほどの大混雑。

始まる前のドキドキ。

映画館って本当に素敵な空間だと思う。映画をみるためにある施設。

唯一無二の場所だよね~映画館が大好きです。映画館でバイトしてたけど映画館に就職したかったな。その話はまた今度。

 

始まってからすぐRADWIMPSの音楽と映像美がすごい。

前前前世っていう主題歌をRADが担当していたのは知ってたけど、

サントラ含む劇中歌もRADだったんだね。

内容はどこまで書いていいんだろう?

たぶんこのブログは誰も見てないと思うけど、万が一たどり着いた人がここをみて映画を見に行くことをやめたら悲しいから、ざっくりと。

この映画は、なんといってもストーリーが素敵だと思った。

もちろん映像美と音楽で引きつけるんだけど、それだけじゃなく内容もしっかりしてます。

SFとファンタジーと、あとはまぶしい青春。

終始まぶしい。

やっぱり内容も書いておこう。以下観てない人は、みないでね。

 

田舎の高校生みつはと、都会の高校生の瀧。

目覚めたら突然入れ替わるわけ。

もう入れ替わりから始まるから面白いよね。

2人の日常をしばらくみせてから入れ替わるんじゃなくて、

入れ替わった所からはじまってそのあと二人の日常が入れ替わった視点から見えてくる。

瀧を通してみるみつはの東京初体験が面白かった。何でも高いし、なんでもあるのが東京。

入れ替わってる間は記憶がないから、元に戻ってみるとお互いが余計なことをしまくっている。

みつはと瀧が入れ替わってる!って発覚した時にかかるのが前前前世。

これは鳥肌もの。いいね~インパクト大。歌声が3Dみたいに飛び出てくる。

ちょっと泣きそうになった。何でかはわからない。映画と音楽のがっちりとした融合になんだか感動したみたい。こういうのずっと見たかったな。というか、こんな映画に関わってる人がうらやましいというか。

お互い週2回くらい入れ替わってることがわかって、その間のことをお互い日記に残すことでちゃんと把握する毎日。

だんだんそんな生活にも慣れて、お互い意識しはじめる。そりゃ17歳が異性と入れ替わってるんだものね。

同じくらいのタイミングで、互いが互いに会ってみようと思い始める。

そしてわかる1つの事件。

ずれてくる世界、あえない二人。。。

 

 

とそんなお話。もう一回観に行きたいな。

RADは私が初めてライブハウスでみたバンド。かれこれ10年くらい前。

そんなバンドが映画の音楽担当なんてすごい!

RADは最近聴いてなかったけど、間違いなくこの映画で最高の仕事をしているね。

映画館でみないともったいない映画だと思った。

 

私が好きなもの・飲み物編

はろー

 

25歳の私の好きなのみもの。

①コーラ

②ウーロン茶

③黒ビール

 

以上でーす★

 

最近台風がきたり去ったりまたきたりで天気が悪い。

台風なんてきたら、国民の祝日にしちゃえばいいと思う

どうしてこんなにいろんな政党があるのに誰も週休3日制を掲げてくれないの?

毎日ださくて狭いオフィスでデブの上司にあれこれいわれて

パソコンとにらめっこして帰って寝て、起きて憂鬱で会社で絶望して

なんてこったい。

いっちばんなりたくなかった人生を歩んでる。

蛍光灯の下でせっせとパソコンしてバカみたい

こんな社会人になってしまって昔の自分に謝りたい

 

でも!

 

そんな状況から抜け出すのって結構簡単だと思う

会社をやめることって悪なの?

辛い仕事に耐える事が素晴らしい事なの?

みんなやめたいんでしょ、やりたくないんでしょ。

少なくとも、超給料が良かったり、忙しくてもやりがいや夢がある人は

頑張ってそれだけ得る物があると思うけど

それ以外の人ってやめちゃっていいと思う。

それでまたみつければいいじゃん

まただめだったらまたみつければいいじゃん

そのためにはまた見つけるための努力が必要かもしれないけど、

無駄なことを我慢する努力より有意義よ

 

会社やめることが悪であるっていうのは、

長年みんなで作り上げた風潮だと思う

 

40歳になった時、さっさと転職しとけばよかった!若いうちに!

って思うような人生はいやだな

 

今の自分が後悔してるなら、修正は早ければ早いほどいい

間違いなくあの上司の下で年をとる人生はいやだ!

 

 

いやなんだ

 

 

そして25

ついに25歳になったぜ

未熟児だった私が167cmに。

 

おめでとう!ありがとう!

 

そんな日に高畑雄太が捕まるなんて。

ファンでも何でもないけど、もったいない男だ

 

今日が木曜日ならいいのにな。

1週間で一番テンションがあがるのは木曜日だと思う。

 

25歳の目標は映画系の仕事をすること。

 

この会社は辞めて、この町も出ていくよ。

思い立った時が、変わり時。

 

ばーい!

ハローハローハロー

はじめました。どうも。

24歳です。正式にはあと1時間16分で25歳になる。。。フゥ

 

おおお。大きくなりましたな。私。

四半世紀ですって。うわお

結婚どころか好きな人もおりません。震える~

 

このブログは、私が好きなことを好きなだけ書くために作りました。

うけとるばかりで発信しない人生に1㎜メスをいれましょう。

 

何者でもない私から、何者でもないあなたに向けて。

退屈な毎日が、少しでも変わりますように。

 

あと1時間14分で25歳だ・・・・

 

25歳の目標は、今のあほみたいな職場にバイバイしてやることさ!