Hello hello hallo

私の眼の前にしか世界は存在しない

大切なのは、自分が楽しいかどうかだよ

なのに、どうしてわざわざ辛い方を選ぶのか

我慢することを美しいと感じてしまうのか

その先に光はみえるのか?

なりたいものがあるのか?

 

たとえば、辛い思いをして乗り越えた先に

なりたい自分の姿があるのなら、

それはきっと我慢する価値はある

 

でも光がみえないのなら、

その我慢はただ暗闇の中で手探りをしているだけ

光がいつか見つかるかもしれないから、

そういって暗闇でもがいていて、時間だけが過ぎる

そして光を見つけられる人が一体どれだけいるのだろうか

 

人生は失敗の連続で、間違いもあるからこそ、

気づいたら立ち止まって、方向転換してもいいのに

 

誰かにいいよ、会社やめていいよ。やめなよ。って言われるまで、

自分で自分のことを許してあげられない、そんな人が多いんじゃないでしょうか

 

やめていいよ、あなたも 私も