読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello hello hallo

私の眼の前にしか世界は存在しない

coldplayのライブに行って仕事やめよって思った

先日、東京ドームにてcoldplayのライブに行ってまいりました。

前座はradwimps。懐かしい、radは10年前にzeppでみた

実はずっと好き。でもradのライブの大半は中高生が占めているから、一人でライブ行く派の私にとっては少しハードルが高くてなかなか行けなかった

なので今回大好きなcoldplayの前座がradと聴いて嬉しかった。

まず定刻通りに始まってびっくりした。

なんか外国人アーティストって軽く1時間くらい遅れるって思っていたからね

 

君の名はの曲をやりつつ、前前前世はやらないところも良かった。

やってもやらなくても良かった。それは自由である

coldplayの前にライブやるなんて、すごいよな、プロだなーと思って見てた

間違えないなんてすごいなー、緊張しないのかなー、なんて思ってしまった

一番前だったから座ってみれたし、贅沢だなーと思っていた。

7曲くらいやってくれた。わいわいわちゃわちゃ見ていたradを10年経って東京ドームで座ってみててなんだか不思議な気持ちになった。

私も大人になったのか。と。

 

そしてまた定刻通りにcoldplayが始まった。客席のあるライブってどうのっていいかとか、友達はどうのってるんだろとか、私ののり方変かなとか考え出したらきりがない。みに来ているのも聴きにきているのもステージ上のアーティストであって、隣の人ではないんだよ。とか考えてしまうことが多いけど、coldplayのライブはそんなこと感じないくらいライブに集中してしまった。

それにしてもかっこよかった。花道みたいなところでくるくる回るクリスマーチンは妖精みたいだった。40歳だけど少年で妖精のようだった。

好きな曲ばっかり。charie brownが大好きで、生で聴けて倒れそうになった

あの世界はなんだったんだろう

私はどこにいたんだろう

 

そんな気持ちになった

coldplayが作る世界はすごい。

 

そして仕事をやめようと思った。

世界は綺麗だ。綺麗な世界をみるのも、つくるのも自分だ。

さようなら会社